家づくりブログ

2023-06-05 23:05:00

家を建てて幸せになれる人

 

先日、お客様の家での打合せ依頼があり、その帰りに少し前に建てたお宅に足を延ばして変える事を思いついたのでした。

 

「あのお家の外観はキレイを保っているかな~?」とか「もしかして偶然会えるかな~」などと、昔から行く先行く先で近くにお客様のお家があると、時間がある時はついつい回ってしまう習性があるのです。

 

ストーカーと思われたくないのですが(笑)

 

 

おはようございます。

夏涼しく冬暖かい生涯価格がお値打ちな家 を一棟一棟丁寧にをモットーに木の家づくり・リフォームをしております、岐阜県海津市、ハッピーホーム 株式会社後藤工務店の代表 後藤です。

 

そんな事でいつものようにお家に近づくと、偵察車の様にソロソロと家の全体をチェックしながら走るのですが、家の裏側から玄関側が見えるようになり玄関周りをチェックしていると、玄関ドアが開きかけたので「おっ!」と思ったのも束の間、玄関から出てきたご主人が「あっ!!」となったわけです。

 

ちょっと離れていたのに、良く分かったな?とその時は思ったのですが、ノロノロ運転で顔を90°以上横向けてご主人と目が合えばそりゃ分かりますよね(笑)

 

そんな事で車を止めている間にご主人が奥様や娘さんに通報し(笑)、皆さんに「近くに来たので前の道を通った」説明をし、やはり気になるその後の住み心地や半年前の定期点検以後におかしなところが出ていないかを聞いたり、アドバイスなんかもしたりして。

 

「玄関を飾りつけをしましたよ」と教えてくれたので、写真を撮らしてもらいました!

 

 

kazarituke.jpg

 

センスが良いですよね~ コーディネーターになれるんじゃないかな。 で、壁がしっくいのラフ仕上げなので飾りつけが映えて素晴らしく良い感じ☆彡

 

話しをしていると、家のことを大切にしてくれているのが伝わってくるんですよね。 家や庭の少しの変化にも気付いている、気にかけているということが質問される内容でわかりました。経年変化へのご理解も素早いのがまたうれしかったり。

 

家も人間も一緒で歳と共にだんだん変わっていくのは止められないのですが、ハッピホームではその変化が強度低下や品質低下ではなく「味わい」となる素材を極力使うようにおすすめしていますし、それが味わえる人はそうでない人より幸せになれるのではとも思いますし。

 

古くなることをただ悲しむのではなく、「形あるものはいつかは壊れる」という当たり前のことが分かっていて、ただ古くなるだけではない自然素材を採用し経年変化を楽観的に受け入れられる。それができる人って幸せな人だなと思いますし、そういうお客様は我々を含め人の気持ちも大切にしてくれると感じるので、一緒にいて幸せな気持ちになります

 

 

〇〇様、これからもますますのお幸せを陰ながら願っております!

それとご期待に応えてブログに書かしてもらいましたよ(笑)

 

 

 

さてさて、そんな味わいの出る素材とはどういうのものか、知られたい方はぜひ弊社のOPEN HOUSEにご参加ください。

 残り2枠のみとなりましたので、ぜひこの機会にどうぞ!

OPEN HOUSEのご予約はこちらから

 

2023-06-01 23:20:00

6月OPEN HOUSEのおうちはどんなおうち?

 

今月10日(土)、11日(日)に見学会を行います。

このお宅もお客様にお引渡し間近のおうちになります。

 

 

おはようございます。

夏涼しく冬暖かい生涯価格がお値打ちな家 を一棟一棟丁寧にをモットーに木の家づくり・リフォームをしております、岐阜県海津市、ハッピーホーム 株式会社後藤工務店の代表 後藤です。

 

「できれば平屋を建てたい」という想いからスタートした家づくり。

 

先々の事を考えて、

家を建てた後の生活をイメージして、

母屋とのバランスを考えて、敷地の大きさを確認して、

「やっぱり平屋だなと。」

 

「かわいい家を建てているから。」と弊社を選んだ理由を聞いていたと思ったのですが、徐々にお好みを聞いていくと、どちらかというとカッコイイ家を造るときの素材が出始めて、お話を進めていくといろいろ具体的になって、やっぱりかわいいだけではないカッコかわいい良い感じの家になりました。

 

腰をすえていろいろ聞いて、話し合うことによって、始めて本当に好きなものが見つかるのかもしれませんね。

 

 

 

まずは印象的な外観。

普通の家との違いを感じさせる玄関ポーチから中へ入ると、やっぱり普通の家とは違う玄関がお出迎え。

 

ただ、奇をてらう訳ではなく、あくまで施主様の暮らしのイメージとお好み、与えられた敷地の条件と、どうしたら快適で使いやすい家になるかをトータルでバランスさせることによって出来たカタチであるということ。

 

なので、ハッピーホームの家はいつもいつも違ったものになります。

 

見た目だけでなく、省エネ性、耐久性、癒しとワクワク感。

すべてを満足できるのは新築の注文住宅ならでは。

 

 

さて、あなたのお家はどんなカタチになるでしょうね?

 

ぜひ、この機会にハッピーホームのお家を見に来てください。

 

 

 6/10(土)、11(日) 「お庭を眺める平屋のおうち」OPEN HOUSE

ご予約はこちらから

2023-05-30 22:52:00

続 築100年の家を守るということ

 

梅雨入りですね。

来月の建て方は晴れであることを祈っています。

 

 

おはようございます。

夏涼しく冬暖かい生涯価格がお値打ちな家 を一棟一棟丁寧にをモットーに木の家づくり・リフォームをしております、岐阜県海津市、ハッピーホーム 株式会社後藤工務店の代表 後藤です。

 

前回の続きで、食堂が薄暗く部屋隅のスタンド照明で照らされて雰囲気づくりをされてみえるのかと思ったのですが、何と「雨漏りで天井の照明器具が消えてしまい点かなくなってしまった…」との事。 確かに天井のクロスにはシミが付いてめくれている所もあって、何でも良く見たらきのこが生えていたと…

 

そんなばかなと思いましたが、ご子息家族は母屋東に建っている離れの2階に住んでいて、母屋には高齢のお母様が一人で住んでいるので雨漏りしていることに長年気付かなかったんでしょう。ただ、今回雨漏りに気付き二階に上がったら、あっちもこっちも漏れているという状況だったとの事なんですね。

 

状況確認のために二階に上がらせていただくと、昔ながらの壁も天井も張っていない丸太梁入り組んでいる空間で土埃が積もった床のあちこちにブルーシートが敷かれ、雨をうけるバケツやたらいが20個くらい置いてあるという懐かしい感じ。二階の屋根裏を見ても窓から顔を出しても屋根自体の傷み具合の深刻さが分かりました。

 

 

お座敷でひとしきりご家族の意向を聞き、何をどこまで触るのかはその日には結果が出ませんでした。 というのも、今年の1月にお母様のご主人様が亡くなられたばかりで、その動揺もおさまらない内にこんなことになって、100年以上経つ大きな家を修理するにもどうするにもかなりの金額が掛かるからるし、何せ心の準備が出来ていないですよね。

 

そして後日連絡があり、まずは母屋の雨漏りを止められるかやってみる事になりました。

 

瓦工事店さんに連絡をするとすぐに予定を合わせてくれて、屋根に登ってみると、全体的に老朽化した屋根にはやはりあちらこちらに原因らしき所があり、応急処置としては何とか対応できたのではというところでお母様に報告をし、瓦工事店さんの一緒にコーヒーをごちそうになりました。 

 

さて帰ろうかと、瓦工事店さんが「もうよっぽど大丈夫だからね。」と言うと、先程まで地元話なんかで楽しく話していたお母様が、改めて安心されたのか突然泣き出し、もうどうしたら良いのかととても不安だったとの事。

 

改めて100年以上経つ大きな家を維持されてきたお母様が感じてみえる重圧と歴史の重みを知り、何とか良い方向に向かっていただけるようにと願っております。

すでに順番待ちの状態であるのですぐに大きな工事は出来ないことはお伝えしているのですが、待っていただけるというお言葉を聞き、また身の引き締まる思いをしております。

 

それまでにご家族皆さんが納得できる方針を決めるお手伝いができればと思っております。

 

それでは。

2023-05-24 23:20:00

築100年の家を守るということ

 

最近、お得意様から、雨漏りをしているおうちをご紹介いただきました。

「親戚の家がちょっと困ってるから、一度見てあげてほしい。」とのことで。

雨漏りのおうちで、しかもお得意様からのご紹介とあれば、すぐにでも直すのが当然なのですが、もう既にお待ちいただいているお客様もみえるので、状況次第では対処をお待ちいただくかも、という事をご承知いただいた上で見させていただきました。

 

 

おはようございます。

夏涼しく冬暖かい生涯価格がお値打ちな家 を一棟一棟丁寧にをモットーに木の家づくり・リフォームをしております、岐阜県海津市、ハッピーホーム 株式会社後藤工務店の代表 後藤です。

 

インターホンを押すとお母様らしき方で出てみえて、

そのお母様が開口一番「お父様はお元気ですか?」 

私「?はい、元気です…?」 

お母様「それはそれは。 それとあなたの事も知っていますよ。見たことありますよ。」 

私「えっ?どこかでお会いしていた?んですよね(笑)」 

お母様「私、昔〇〇〇で働いていてね。」 

私「えっ、そうなんですか! あっ!、そういえば! 思い出しました!」 

お母様「えー、うそうそ、覚えてないでしょ(笑)」 

私「いえいえ、思い出した思い出した! そういえばおみえでした。」 

 

 

そう、ご紹介元のお得意様はその〇〇〇という飲食店を経営されてみえて、ご親戚であるこの家のお母様が働いてみえたのをその品の良い目元からマスクごしにもはっきり思い出したのでした。

 

その飲食店の店舗を後藤工務店が先代が社長の時代に建てさせて頂いたこともあり、私が20代の頃から良く会社や家族で利用させてもらっている中に、目の前のお母様が昔働いておみえだったんですね。

 

そんな事で私としては一気にテンションが上がったのですが、お母様ご家族にとっては大変な状況だというのが、すぐに分かりました。

 

離れから出てみえた礼儀正しくフレンドリーなご子息ご夫婦ともご挨拶をし、私と1歳違いのそのご子息が指を指した西の離れの方を見ると、今にも崩れそうな波打った屋根が見え、その後、中へと案内されると奥の屋根は完全に崩落… 

何でも西の離れは築110年以上との事で、使っていない部屋の屋根が長年雨漏りしていたようで屋根が腐り大きな穴が空いて、空が見え、修復するとなれば大掛かりになる模様。 

 

でも本題はそちらではなく、昔ながらの造りのこちらも築100年以上になる離れとつながった母屋だという事で、一度外へ出て、母屋の土間玄関から入って奥に通されると、そこは3~40年前にリフォームした様な北側に台所があるこじんまりした食堂で、何やら間接照明が独特の雰囲気をだしていたのです。

でもそれが間接照明ではなかったということがその5分後

今日は遅くなってしまったので、、、この続きは次回に。

 

 

 

それでは。

2023-05-16 22:40:00

平屋が良い?、二階建てが良い?、どっち?

 

暑くなってきましたね。

暑くなると色々出てくるので、少しだけ憂鬱になる時ないですか?

例えば倉庫ででっかい巨グモに遭遇とか。

一気に心臓が冷えます(笑)

 

 

おはようございます。

夏涼しく冬暖かい生涯価格がお値打ちな家 を一棟一棟丁寧にをモットーに木の家づくり・リフォームをしております、岐阜県海津市、ハッピーホーム 株式会社後藤工務店の代表 後藤です。

 

先日、家づくりの相談に来られた方に、「平屋と二階建てとどっちが良いんですかね?」と聞かれました。

「どうしてですか?」と聞くと、「二階建ては子供が巣立つと二階が空き部屋になってしまってもったいない気がするし、将来を考えると寝室は一階の方が良い気がするんですよね。 で、平屋は憧れなんですけど、二階建てより高くつくって聞くから、どちらがいいのかなと思いまして。」  

 

なるほどですよね。 もう答えが半分出ているような気がして、「最近はそういった方が多いようで「半平屋を建てたい」という方もおみえですよ。」とお話しすると、「半平屋って何ですか?」と。

 

「二階は子供部屋だけで寝室を含めその他は全部一階というおうちを最近ではそう呼ぶそうですよ」とお話しすると、「なるほど!」

 

その後、平屋建てが割高になる理由や平屋を建てるのに必要な土地の大きさなども尋ねられ、ご納得いただけた様でした。

 

 

あれこれ考えておられる今が一番良い時かなとも思いますが、本当に良い時を実感できるのは、やはり家を建てた後なんですよね。  

家族のためを思って建てた家の中での毎日の生活の中で、年を重なると本当にいろんなことが起こってきます。

良い事ばかりではありませんが、それを乗り越えての安堵だったり、一致団結だったり、たわいもない会話、皆で笑い合う瞬間。いろんな瞬間に「あの時思い切って建てて良かった。」と何度も何度も思う事だろうと思います。

 

また、お客様には何度も何度もそう思っていただけたら、と思います。

家は所詮、モノですが、やはり生活の基盤となるかけがいの無いモノでもありますよね。

 

そんな一生に一度のおうちづくりですので、お客様の判断材料になるのでしたら、どんなことでも聞いてください。

また、実際のおうちを見ていただくのも大切かと思います。

百聞は一見にしかず、かもしれませんよ。

 

 

5/26(金)~6/1(木) 「山のふもとに建つきれいなおうち」建築見学会

ご予約はこちらから

 

 

6/10(土)、11(日) 「お庭を眺める平屋のおうち」OPEN HOUSE

ご予約はこちらから

 

 ぜひ、ハッピーホームの家づくりをご覧ください。

 

 それでは。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...